子どもと過ごす機内について

小さなお子様と一緒のハワイ旅行。長時間の飛行機内を、どのように過ごしたらいいのでしょうか。狭い飛行機機内は気圧の変化もあり、普段とは環境が大きく変わるので特に小さなお子様のいるご家庭にとって不安も大きいはずです。ここでは日本~ハワイ間の長時間フライトを、お子様と快適に過ごすためのアドバイスをご紹介します。

搭乗前

子どもとハワイ旅行:搭乗前

日本からハワイへは夜出発して、ハワイ時間の朝に到着します。そのため、日常の時間とあまり変わらず飛行機内で睡眠をとることが出来ます。お子様が機内でスムーズに眠れるように、出発前に昼寝をさせたりしないように心がけましょう。搭乗前は空港内のプレイルームで遊ばせるなどして、機内に入ったら早めに寝かしつけをして眠れるようにしておくのがおすすめです。

また離陸の際に気圧が変わるため、耳が聞こえにくくなります。大人はあくびをしたり、唾液を飲み込んだりなどして耳抜きが出来ますが、小さなお子様や赤ちゃんは出来ないため、ぐずって泣き出すことがあります。そのため、あらかじめ搭乗前におしゃぶりや哺乳瓶や飲み物を用意して、離陸の時には何か口に含ませるようにしましょう。また、機内ではバシネット(赤ちゃん用ベッド)が使えるシートがありますので、航空券を予約する際にリクエストをしておきましょう。

機内では

子どもとハワイ旅行:機内では

日本からの夜間フライトの機内は薄暗く静かになるため、そのまま眠ってくれると安心なのですが、なかなか眠れないお子様にとってはとても不安な環境となります。そのため、泣きだしてしまうお子様も多く、静かな機内に鳴き声が響き渡り、さらに親にとっても不安な状況になります。

抱っこをしてあやしても、なかなか泣きやまない時は、やわらかい赤ちゃん用お煎餅や、ラムネやボーロなど、口の中で溶けやすく胃に負担の少ないお菓子を食べさせてみましょう。ただし、食べる時に音が生じると周りに迷惑がかかるので、硬いお煎餅やポテトチップスなどのスナック菓子は避けましょう。

機内であると便利な物

子どもとハワイ旅行:機内であると便利なもの