子連れハワイの事前準備

ハワイ旅行を計画したのはいいけれど、子供と行くハワイはどのようなハプニングが待っているか考えるだけで心配してしまう方も少なくありません。長いフライトは大丈夫だろうか、病気にはかからないだろうか、ハワイでは調達できないものがあったら・・・など心配は尽きません。ハワイで心配せず楽しく過ごすためにも事前に準備は万全にしておきたいですね。

お子様連れハワイ旅行の準備

お子様とのハワイ旅行を計画したらまずは渡航の準備をしましょう。現地に入るまでにどのようなことをしておくべきか、どのような情報を入手しておくべきか、調べておけば旅行当日に慌てることはありません。

現地で調達できるオムツ・ミルク・ベビーフード

幼いお子様連れの方にとって気がかりなのはオムツ、ミルク、ベビーフードです

オムツ

日本のオムツとは少々サイズも異なり、ごわつき感と香料付きが気になる場合があるかもしれません。敏感肌のお子様の場合、心配な方は日本から日頃使用しているオムツを持参するといいでしょう。また、日本では1歳前からのはかせるタイプのオムツはハワイでは種類があまりなく、「Pull up」と呼ばれる2,3歳用のトレーニングパンツになります。

ミルク

普段飲みなれたミルクを持参するのが一番です。が、調達しなければならない場合は、スーパーなどで買うことができます。表示が日本のccとは異なり、oz(オンス:1オンス=29.573cc)なので注意が必要です。

ベビーフード

ハワイで見られるベビーフードはほぼ瓶詰で、スーパーなどで購入可能です。アラモアナにあるドン・キホーテは品揃えがよく、お好みのベビーフードを見つけられるでしょう。なお、アメリカでは肉や肉エキスの含む食品の持ち込み規制があります。ベビーフードの持参の場合はご注意ください。

機内での過ごし方

子供連れハワイ計画の中で一番気がかりなのは長時間のフライトです。日本とホノルル間のフライトは約8時間。少しでも快適な空の旅を楽しめるように工夫してみましょう。

搭乗前は十分に遊ばせる

子供は常に動き回っていたいものです。しかし狭い飛行機の中を走り回ったりしたら他のお客様に迷惑がかかりますね。まずは搭乗前にお子様を十分に遊ばせましょう。疲れて早目に寝ること間違いなしです。

乾燥・冷え対策の準備を

機内は湿度が非常に低く、空気が乾いて乾燥しています。保湿クリームやリップクリームを塗り、水分補給をこまめに行うことが大切です。また、機内は冷え込むことがあります。カーディガンなどの上着を手荷物で用意するといいでしょう。薄いバスタオルなどがあれば日よけや毛布、枕代わりにもなるので便利です。

そろえておきたい基本アイテム

ハワイには必需品!というものを集めてみました。日本から持参したほうがよいもの、現地調達できるものをご紹介いたします。

日焼け止めクリーム/ローション

ハワイの日差しはとても強く、ビーチへ行かなくとも外出の際は必ず日焼け止めを塗りましょう。アメリカの日焼け止めクリームは少々刺激が強いかもしれません。心配な方は日本から持参することをおすすめします。

帽子

直射日光はお子様の肌を傷めます。必ず帽子をかぶって外出しましょう。ハワイならではのかわいい帽子を見つけるのも楽しそうです。

サングラス

ハワイの大人だけでなく、子供達にとってもサングラスは必需品です。ハワイのキッズサングラスは種類が豊富なので選ぶのもきっと楽しいでしょう。

飲み物

ハワイのカラッとした気候には、水分補給が欠かせません。遊びに夢中で水分補給を忘れると知らないうちに脱水症状になりうることもあります。こまめに飲みものを摂取しましょう。

上着

レストランやショッピングセンターは冷房が効いて肌寒いことが多くあります。1枚羽織れる上着があればどこへ行っても安心です。

持っていると便利なアイテム

その他にも、持っていればハワイをさらに楽しむことができるアイテムがあります。

虫よけスプレー

スコールが降ったあとや自然がいっぱいのアウトドアで遊ぶ時などに役に立つのが虫よけスプレーです。感染予防にもなるのでおすすめです。

レジャーシート

ビーチや木の下で寝転んだり、子供達が眠くなったりしたら使用できるレジャーシートは意外と大活躍です。真っ青な空の下で暖かい日差しを浴びながらピクニックというのもハワイでの楽しみ方のひとつです。