ハワイの通貨と使えるワザ

ハワイ旅行が決まったら、水着や小物類など、旅行の準備が楽しみですよね。その中でも必要不可欠な通貨は、いつ換金したらいいのか、レートはどうやって気にしたらいいのか、わからないことも多いですね。ハワイの通貨はアメリカドルなので、日本人にも馴染みのあるものですが、いざ使うとなったらどれを使えばいいのか迷ってしまうことも多いものです。ここでは、そんな通貨に関する便利なワザをご紹介しま

ハワイの通貨

ハワイの通貨

ハワイの通貨は、アメリカドルです。日本人には馴染みのある通貨ですが、実際使用するとなると、日本とは感覚が異なることも多く、注意が必要です。

紙幣

$100・$50・$20・$5・$1の6種類あります。 どれも同じサイズなので、使用する時は注意しましょう。 旅行の際は、$100などの大きな紙幣は使用することが少なく、$1や$5などはチップなどで使用するので大目に準備しておくといいでしょう。 また、タクシーなどでも$50以上の高額紙幣を出すと断られることもあるので、紛失などの危険性も考慮すると、なるべく少額の紙幣を持ち歩くことをおすすめします。

硬貨

1¢・5¢・10¢・25¢の4種類あります。硬貨には通称があります。数字+セントと話しても通じますが、相手が話すのは通称がほとんどですので覚えておいた方がいいでしょう。

1¢(ワンセント)ペニー5¢(ファイブセント)ニッケル
10¢(テンセント)ダイム25¢(トゥエンティファイブセント)クォーター

硬貨を使いこなすワザ

硬貨を使いこなすワザ

紙幣は同じ大きさで迷うことが多いようですが、数字も見やすく記載されているので、慣れると比較的間違えないで使用出来ます。
硬貨は、それぞれに大きさは違うものの、価値と大きさが比例しているわけではないので、なかなか慣れなくて使いこなせないことが多いようです。しかも換金するのは、紙幣のみで予め硬貨を準備して旅行に出かけることは少ないことが多いでしょう。ですから、そのビジュアルに実際に触れるのは現地のハワイに入って、現金を使ってお釣りをもらってからという事になります。

生活していくうちに、現金での支払いも増えていき、硬貨を使える場面も多くなります。しかし、硬貨に慣れないこともあって、つい紙幣で支払いを済ませてしまってお釣りの硬貨が溜まっていってしまう・・・そんな経験をしたことのある方も多いことでしょう。

そんな時に役立つワザをご紹介します。インターネットなどでそれぞれの硬貨の表と裏の写真を入手して、どれがどの硬貨であるかを記載します。それを財布に入れられる程度の紙に印刷をして持ち歩くのです。硬貨で支払いをしたい際に、それを見ながら行うと分かりやすく、スムーズに会計出来ます。

お得な換金のワザ

お得な換金のワザ

日本円を外貨に両替する換金。特に、ハワイの通貨であるドルは、銀行や空港で気軽に換金出来るので忙しくて換金しそびれた時でも、慌てる必要はありません。特にハワイは、日本円が使える場所もあり、換金出来るところも多いので、日本で換金しなければならないという事もありません。
しかし、この換金には、銀行や空港で表示されている為替レートの他に手数料が必要です。通常、1$あたり約3円の両替手数料がかかります。1000ドル両替すると約3000円の手数料となります。意外に高額な手数料になりますね。

これをお得に換金出来るワザをご紹介します。FX会社による換金は、銀行や空港に比べて手数料が安価であることがほとんどです。通常、1ドルあたり約20銭の両替手数料となります。ですから、1000ドルの換金手数料は約200円となります。銀行や空港に比べてかなり安価で済ませることが出来ます。ただし、FX会社やその時のレートによっても異なりますので、様々なFX会社を比べてみるといいでしょう。

FX会社によっては、予約しておくことで、空港で受け取りが出来るサービスもあります。その他にも換金手数料を無料に出来るなど、それぞれに利点のある口座取引が出来る会社もあります。海外出張や海外旅行を頻繁にする方や換金の機会が多い方にはおすすめです。

クレジットカードよりも便利?!マネパカード

クレジットカードよりも便利?!マネパカード

現金の換金やクレジットカードの支払でも、何かと発生する手数料。その手数料を半額で現金のように使えるマネパカードに注目が集まっています。マネパカードは、海外専用のプリペイドカードです。予め、チャージしておくことで、ハワイなど旅行先のATMから現金を引き出すことが出来、お店によってはマネパカードで支払うことも可能です。しかも、カードショッピング保険もついているので、購入した商品の補償もしてくれます。

海外旅行では、クレジットカードの紛失や盗難などを懸念してセカンドカードを作る方も多いようですが、気軽なセカンドカードとして役立ちます。入会金や年会費も無く、16歳以上なら作ることが出来ます。先払いなので、面倒な与信審査がないのも嬉しいですね。ICカードであるマネパカードは、偽造やカード情報を盗み読まれる心配もありません。また、24時間365日対応のサポートデスクもあり、マネパカードの紛失や盗難の際にもすぐに対応が可能で、残金の補償もしてくれます。

利用限度額も高めに設定出来るので、ショッピングやビジネスにも対応します。アメリカドルの他にイギリスポンド・オーストラリアドル・ユーロ・香港ドルの5種類の通貨がチャージ出来ることから、海外通貨の便利なワザとして注目されています。

●この情報は変動する可能性もありますのでご注意ください。